1月 2020

             

本日は、

名古屋 文化のみち 二葉館様の

プリーツスクリーンのお取替え工事です。

タチカワのプリーツスクリーン フィーユ になります。

自動下降装置付きで、コードの穴が見えないハイクオリティプリーツになります。

大切な名古屋の文化財ですので、

より慎重で丁寧な取り付け作業を行います。

奥の部屋のステンドグラスが淡いプリーツの光を通して

より鮮明に美しく見えています。

だからインテリアは楽しい。

2/8 『二葉の日』 開館15周年記念 行事が開かれます。

皆様、お出かけ下さいね。

             

久しぶりにセントレアへ、

帰りにまだ入ったことなかったのでイオンを見学。

でかい招き猫。

さぞ、沢山のお客さんを招き入れることが出来るんだろうね。

やはりここもアジアのお客さんが多いこと。

 

さて、本題。

窓周り装飾もメカ物と言うブラインド、ロールスクリーンなどが増えてきていますと、

お話していますが、相変わらずの人気は、

タテ型ブラインド(バーチカル)です。

マンションなどには、とてもよく似合いますよね。

モダンな雰囲気も出ますし、すっきりとしたインテリアが可能ですよね。

時には、ちょっと変化のあるデザインバーチカルなども

面白いですよね。

光の陰影がとても面白いと思います。

だから、インテリアは楽しい。

冬 ※インスタグラム nic marlow interior

             

事務所横のケヤキ並木も、

この頃はすっかり葉を落とし

寒風に来る春をじっと待ってるようなしぐさに見える

年末にたまった伝票だの帳面の整理を始める。

疲れた目をの視線を外に向けてみます

少し引いてぼーと道を眺めてるのもなかなか面白いものだ。

今日は成人式。

50年前の私も成人式。

・・・・・・・・・・・。

事務所の椿を一輪。

うん、こちらもなかなかいいものだ。