Our Blog

メカ物とレースカーテンをアレンジ

             

近頃の傾向として、リビングでもカーテンファブリックを採用されずに

メカ物(ブラインド、ロールスクリーン、プリーツ)を採用されますお客様が多くなりました。

でも、なんとなく気にかかるのは、窓装飾としての楽しみがややかけてしまうかな・・・。

モダンでシンプルなんですが、ファブリックの柔らかさとか暖かさとかがなくなって

やや冷たい感じになってしまってるかななんてんて感じてます。

そこで、ニックマーローのご提案。

メカ物はすべて窓枠の中に収める。

部屋側は、装飾レールを使ってレースのアレンジでエレガント性や高級感を出します。

こうすれば、すごくお洒落な窓周りトリートメントの出来上がり。

欧米の窓装飾に非常に近くなります。

いかがでしょうか。

サザンでも聞きなが・・・。

             

あまり暑さが続くので、

いっそ、もう夏を楽しまなくっちゃ。

と言うわけでサザンを聞きながら、

仕事の合間に、ちょっと筆をとりました。

江ノ電ですね。

何年か前、親戚が鎌倉に住んでるもので、

おじゃました時の雰囲気を思い出して描きました。

そういえば、今年所用で茅ヶ崎にも行ったんだった。

茅ヶ崎と言えばサザンだよね。

駅前でピザを食べたっけ・・・・・。

 

暑い~。

             

この頃、一日に 『暑い』って何回いうかな・・。

事務所のケヤキ並木にセミがジー、ジー、ジー

耳鳴りも重なって、ジェー、G~、ジィー・・・・・。

私どものガレージ兼ショールームは、クーラーがないので熱風地獄。

すごいですよ。

それでも、事務所内は、涼しげなレースカーテンで演出。

『カミュ』と言う名のトルコレース。

どことなく優しく、洒落っ気のある大人好みのレースです。

レースを窓に使うのはもちろんもこと

ちょっとした間仕切りにお使いいただくと、とてもお部屋に高級感が出ます。

輸入レースは、本当にお洒落なレースが多いですよね。

涼しさも演出できて、宜しいんじゃないでしょうか。